旧車 個人売買

旧車(クラッシックカー)の維持と売買

MENU

旧車の個人売買

車を売るのに個人同士で売買をするのは避けたいところです。

 

特にインターネットが普及した現代、顔も知らないい相手と多額な金銭と法的手続きがかかわる車の売買は非常に危険なものとなっています。

 

これは旧車においても同じです・・・いやそれ以上です。

 

個人売買でトラブルとなるもので意外と多いのが金銭トラブルと名義変更などの手続きを相手側がやってくれないというものですが、その次に多いのが車の状態をよく見せて高く売りさばこうとすることです。

 

たとえば、事故を起こしたことがありませんといっていたのによく見るとフェンダーパネルが好感されていたとか、エンジン絶好調といっていたはずなのにいざ走らせてみたらノッキングだらけとか、こんな取引は個人売買では日常茶飯事となっているのです。

 

これが旧車となるとこういったこと以外にもグレードが違っていたり、修理が不完全であったり、はたまた純正パーツではなく、他社の純正パーツを加工したものが付けられていたりと更に売る側がごまかす理由がたくさんあるのです。

 

かなり古い車ともなると歴史的にどうしても解明できないという事実もあるため余計にリスクが高くなってしまいます。

 

これは旧車だけに限ったことではありませんが、車の売買は責任能力があるショップや一企業が挟まった状態で行うのが一番安心だと思います。

 

個人売買で思った以上にぼろぼろの車を買わされて修理費用にお金がかかるのであれば、ちょっと高くても専門ショップで購入した方がいいと思います。