旧車 買取

旧車(クラッシックカー)の維持と売買

MENU

旧車の買取

旧車を持っていながらもほかの旧車に目を奪われることもあると思います。

 

できれば今持っている車はそのままで新たな旧車を手に入れたいところですが、金銭的、あるいはスペース的にそれがかなわない場合は、今ある車を売らなければなりません。

 

しかし、車を売るからといって日本中にチェーン展開している買取店に持ちこんでも、旧車ならではの良さを理解されず、値段が付かないか、逆に廃車費用を請求されることになってしまいます。

 

これは当然の行いだと思います。

 

普通の買取店にしてみれば買い取った後、一般のお客様に買ってもらえなければ利益が出ないのに、だれがこんな何十年も前の車を好き好んで買うでしょうか。

 

買取店にしてみればただのポンコツ車でしかないのです。

 

ではどこなら買い取ってくれるか、それは旧車を旧車としてみてくれる旧車専門の買取店です。

 

ここならどれだけ古くてもきちっと価値を見出してくれます。

 

さて、買取ってくれる場所が見つかりました。

 

今度は売る車の準備をしましょう。

 

まずは整備です、いくらうっぱらってしまうからといって壊れたままではあまりにも失礼です。

 

治せないぐらいひどい状態であれば仕方がありませんが、ちょっとしたことであれば治してから査定に持ち込むべきです。

 

それからその車のデータをしっかり伝えましょう。

 

旧車の中にはほかのグレードのパーツを付けて、本当のグレードとは違うグレードに見せかけるドレスアップ法があるので、そういったことで相手をだまさないように本当のこの車の状態を伝えましょう。

 

それと修理の際に流用パーツやレプリカパーツなどを使った場合にもきちんとその個所を教えましょう。

 

売買というのはお互いの信頼関係によって成り立つものです。

 

特に旧車ともなるとワンオーナーではないことが多いため、何かと誤解を生みやすくなるのでそういったことがないようにしましょう。